幼児の英語教育について

赤ちゃんは、テキストなどで特別な学習をおこなわずとも、周囲を見たり大人の会話を聞いたりすることで、徐々に日本語をマスターしていきます。
一般的に語学の学習はとても大変で、時間も労力もかかってしまいますが、赤ちゃんの場合は自然にすんなりと覚えていくことができるのです。
そのため、英語教育はできるだけ小さいうちから始めた方が良いとされています。
大きくなってから学習を無理強いするよりも、小さいうちに身につけさせておいた方が、親にとっても子供にとっても負担が少ないのです。
幼児用の学習教材は多くあります。
抱くと簡単な英会話を話してくれるぬいぐるみなどは、0歳児から使用できます。
1歳になると手先が器用になってきますから、スイッチを押すと英単語が聞こえてくるというおもちゃがオススメです。
面白がって何度も押しているうちに、徐々に英単語を覚えていきます。
2歳になると、手先はますます器用になり、形も覚えてきますから、アルファベットのパズルなどがオススメです。
親が特別に教え込む必要はありません。
これらの教材で遊ばせているうちに、子供の脳は抵抗なく発音や文字を吸収していきます。
そして子供が覚えた日本語を決して忘れることがないように、遊びながら学んだ英語もまた、生涯忘れることがないのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 英語教材の選び方とその活用法について All Rights Reserved.