文法の効率的な勉強法

英文法を学ぶためにはいくつかのルールを覚える必要があります。
英語は世界の中でも極めて簡易な文法を取っている言語であるとされる説もあり、基本的には5つの文型から成り立っています。
とは言うものの、実際の文章や設問では多くの文法が一つの問題に集約されているため、文法をマスターするためには多くの問題を解いてパターンを理解する必要が出てきます。
基本文型は5つですが、修飾や関係代名詞、関係副詞や強調構文など多くの特殊文法を覚える中で、ただその文法を覚えようとすることは困難であると考えます。
そこで文法の効率的な勉強法として提示したいのは、文法を文法用語で覚えようとしないという事です。
確かに、説明の便宜上SVOCという言葉を使ったり関係代名詞という言葉を用いる事はありますが、それを一つ一つ対応させていくよりも文章の形で覚えてしまった方が良いケースがあります。
つまり、特殊な文法を使った文を、文のまま覚えてしまうという記憶法です。
このような文章による理解に適している文法の教材は、文法の説明があるだけではなく設問が豊富にある教材です。
一つの文法に対して様々な方向から見た文章を演習していくと、文法の用語を覚えていなくても形や流れから何が正しい答えであるのかを導き出すことが可能になります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 英語教材の選び方とその活用法について All Rights Reserved.