模試や宿題の復習法について

受験に向けて勉強をしていると、数々の模試や宿題を解いていくことになります。
一度解いた問題を復習する時、与えられた設問を復習する事はもちろん大切な事ですが、設問以上に模試や宿題はとても良い教材となりうるのです。
英語の問題は、問題文自体も英語によって書かれている場合が多くあります。
長文読解や文法の問題の中にも様々な単語が使われています。
一度解いた模試や宿題に出てくる全ての単語を知っているという事は中々ない事ではないでしょうか。
その模試の得点が高かったとしても、知らない単語があったという事実を忘れてしまっては少し損をする可能性があります。
模試の得点を伸ばす事は重要な事ですし、自分自身のやる気にもつながるため成績を意識する事は良いことです。
しかし、たとえ90点を取った試験であったとしても10点分の失敗の原因をさぐる事が次へつながりますし、更に90点取れた問題の中の知らない単語を一つでも多く復習すれば、次の模試に生かす事ができます。
つまり、自分が一度解いた事がある問題は自分の弱点を教えてくれる非常に良い教材となってくれるのです。
自分が持っている英語の教材を一度全て見終えたら、自分が知らなかった単語をピックアップしてみましょう。
そうする事でオリジナルの単語帳を作る事も可能です。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 英語教材の選び方とその活用法について All Rights Reserved.