英語教材の選び方とその活用法について TOP > コンテンツ一覧 > 長文読解の練習はあえて知っている文章を選びましょう

長文読解の練習はあえて知っている文章を選びましょう

長文読解は、文法問題と同じように受験問題の半分ほどをしめる大きな課題です。
文法の問題と比較して長文読解の問題はいかに英語を読む事になれているか、という事が重要になります。
小説などの活字本を読む習慣がある学生は、国語の成績が上がりやすい傾向にあると見られます。
これは英語の読解と同じように国語の練習をしているというよりも文章を読む事になれている事が大きい要因となっていると考えます。
つまり、問題を解くという能力だけでなくいかに文章を早く理解するかが大事という事です。
そこで英語の教材はどのようなものを選択すれば良いかというと、自分が元々知っている童話やマンガを英訳したものや、小説を英訳したものを読めるような教をおすすめします。
参考書の中にはページを開くと左ページには英文が載っていて、右ページには日本語訳が載っているというスタイルをとっているものがあります。
このスタイルの参考書の場合、移動している電車の中で読んでいてわからない単語が出てきても、その場で日本語訳を確認すれば理解する事ができるため、気軽に読解演習を行う事ができる事が大きな利点です。
読解を練習するとなると少し気が滅入ってしまいますが、自分が知っている童話などの内容ならば気軽に行う事ができると思います。

    関連サイトのリンク集

  • 90分の無料体験コースもあり、池袋で中国語を学ぶなら、独自開発の中国13都市を旅をしながら様々な語学のセンテンスや発音などを高める教材や自宅での学習状況確認が出来る通信制度なども有り、カリキュラムが充実しているので中国語教室をお探しの方におすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 英語教材の選び方とその活用法について All Rights Reserved.